ビタミンKと悪玉コレステロール

最近は、ビタミンKの力で悪玉コレステロールを下げることができるといわれています。特に女性は、閉経後のコレステロール値の上昇によって老化によるリスクが高まってしまうとも言われています。なるべく若いうちから野菜や果物を摂取することをおろそかにしないで、長期的にとり続けることが大切です。ビタミンKは、緑色野菜や海藻類、緑茶、納豆などにたくさん含まれています。特に、納豆にはたくさんのビタミンKが含まれていて、効率よく摂取をすることが可能になっています。発酵をしていない状態でもその効果は同じだといわれています。実際に、数値が高めとなっている閉経後の女性を対象に行った調査によると、毎日調整豆乳200mlを飲んでいたら10ヶ月後に、骨密度が増加し総コレステロール値も下がったとの結果が出ているのです。さらに通常のハンバーグよりも、大豆ハンバーグを摂取した人の方が、LDL悪玉コレステロールが通常のハンバーグを食べていた人よりも99%減少しているという結果も出ています。

コレステロール値が高いと、いろいろな病気を引き起こしてしまいます。いろいろな病気にならないためにも、食生活をしっかりすることがとても大切なのです。ビタミンKはコレステロール値を下げてくれるものです。ビタミンKが入っている野菜などもたくさん摂取することが大事です。そのほかにも、海のミルクといわれているカキには、タウリンがたくさん含まれています。タウリンには、コレステロールから胆汁酸を合成して、排泄を促し、血中コレステロールを減少させるという働きがあります。このため、海のミルクといわれているカキをたくさん食べるのもいいことなのです。どんなものにも合わせやい食材でもあるので、いろいろな料理を作って食べることがおすすめです。薬などで下げるという方法もあるのですが、できるだけ普段の食生活をきちんと変えることで下げるのがとてもおすすめの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>