亜鉛をサプリではなく食生活で摂りたいならこの食品

mukkii_s

サプリに頼らないで亜鉛を効率よく摂取するためには、魚介類や肉類を食べることがおすすめです。魚介類の種類の中では、海のミルクとも称される牡蠣に特に多く、滋養のための食べ物として珍重されています。実際に美味しいだけでなく、ビタミンやミネラルも豊富ですから、日頃からの栄養不足を解消するために役立ちます。生の状態で利用するだけでなく、フライにして食べる場合でも、牡蠣に含まれるミネラルを豊富に摂取できます。

牛肉に亜鉛が豊富に含まれていることは、ステーキや焼肉が好きな人にとっては、大変に好都合なことです。しかしながら、牛肉ばかりを食べるようでは、脂肪の摂り過ぎになる可能性があります。そのため、亜鉛が豊富な海藻と一緒にして、スープにして食べることがおすすめです。海藻類と一緒にすれば、他のミネラル成分も同時に補うことができます。

中華料理では、肉料理の味付けでオイスターソースを多用しますが、これは栄養的にも優れた方法です。中華料理では牡蠣油とも呼ばれるオイスターソースは、一般的なスーパーで簡単に入手できます。牛肉と青菜の炒め物の味付けで使う場合にも、豊富な亜鉛をバランスよく摂取できます。

和食の料理で使うときには、牡蠣の土手鍋にすれば、一緒に使う豆味噌の亜鉛も同時に吸収できます。豆味噌は主に大豆だけを原料とする味噌ですが、牡蠣との相性は抜群で、タンパク質の塊のような食品です。牛肉のスジ肉を煮込むときにも、豆味噌をベースにして味付けすると美味となり、亜鉛の量も増やせます。

牛肉と牡蠣を一緒に調理することは稀ですが、工夫次第で合わせることができます。胡麻と味噌をベースとするスープを作り、牡蠣と牛肉を交互にしゃぶしゃぶにして食べれば、亜鉛の摂取量が相乗的に増えます。味付けは中華風となりますが、好みで和風に変えても大丈夫です。この料理にも野菜や海藻をたっぷりと加えるようにすれば、消化吸収を助けることもできます。

亜鉛サプリに頼らずに亜鉛を上手に摂りたいなら、以上のような食品を食生活の一部として取り入れてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>