善玉菌を増やすための食生活

natoki_s

乳酸菌や酵素が豊富な発酵食品を食べていれば、善玉菌が増えやすくなり、腸内環境が健全な状態へと変化していきます。納豆を食べるようにすれば、枯草菌の一種となる納豆菌が作用して、腸内の悪玉菌の弊害を抑制できます。同時に大豆の食物繊維も吸収できるため、善玉菌の餌も供給できます。

発酵食品は自宅で手作りする習慣をつければ、善玉菌を増やすために理想的です。漬物は腸の健康に良い食べ物として利用したいところですが、浅漬けよりも古漬けを食べたほうが健康的です。よく発酵させたキムチやぬか漬けには、大量の乳酸菌が含まれますから、日頃から食べていれば便秘も予防しやすくなります。塩分が気になる場合には、塩抜きをしてから調理すれば、漬物の有益な栄養だけを効率よく摂取できます。

善玉菌を増やすために利用すべき食品には、トマトなどの色の濃い野菜もあります。一般的には緑黄色野菜と呼ばれるものですが、これらの食品を食べることで、消化を促進して腸内環境も同時に整えることができます。ニンジンや大根については、皮も含めて利用することで、善玉菌のエネルギー源を供給できます。野菜の皮の部分に特に多くの食物繊維が含まれていますから、味噌汁に入れるなどして食べると健康的です。

コウジカビを使った食品についても、善玉菌を増やすために重要な役割を担ってくれます。味噌や醤油に加えて、日本酒やカツオ節も、コウジカビの力を借りて作られています。近年になって話題となっている塩麹についても、コウジカビがなければ作れません。麹が原料となる食品を常日頃から食べていれば、胃腸を保護して、腸内の善玉菌も増やすことができます。

甘酒はお米のヨーグルトとも称される発酵飲料であり、砂糖の代わりとしても使える食品です。疲れて胃腸の調子が悪いときには、甘酒を飲んでみれば、腸内から活力が湧いてきます。甘酒と一緒にヨーグルトを合わせて飲む場合にも、善玉菌を増やす作用が活発になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>