生理前の食欲・むくみの解説

生理前になると食欲が止まらなかったりむくんだりといった症状が現れやすいので、体重が増加する人が増えます。生理前に食欲が増進するのは、排卵後から多く分泌されるプロゲステロンという女性ホルモンが関係しています。生理の周期は妊娠を中心に回っていますが、プロゲステロンが多くなる生理前の黄体期にあたる時期は、体が妊娠しやすい状態に変化します。よって精神的に不安定になって、落ち着きを取り戻すために甘い物を欲しがるようになります。またプロゲステロンによって血糖値が下がるので、血糖値を一定まで上げようとアドレナリンが分泌することも、食欲を出させる原因です。食欲が出るという症状は普通のことですが、食べ過ぎないようにすることが重要です。空腹を我慢するとかえって食欲が刺激されるので、強い空腹感を覚えないように工夫します。少ない量の食事を何回かに分けたり、お腹が空いたら少し口に入れることで、食欲が治まります。よく噛んで食べると満腹中枢が刺激されます。さらに玄米やカボチャ、サツマイモには血糖値を正常にして、過剰に食欲を感じないようにする働きがあります。次に生理前にむくみといった症状が出るのも、黄体期のプロゲステロンの影響です。栄養分を体内に留めようとするため、水分を蓄えてしまってむくみやすくなります。また食欲が増進して食べる量が増えている一方で、腸の動きが悪いので水分の代謝が衰えることもむくみを発生させています。水分を上手く排出するためには、大豆製品を食べると良いです。むくみを解消するカリウムや、女性ホルモンの影響で起こる症状を緩和させる効果があります。豆腐や豆乳などヘルシーな物が多いので、生理前の体重増加を防ぐのに適しています。海藻やほうれん草にもカリウムが多いので、食事に取り入れます。コーヒーや紅茶に含まれているカフェインには、カリウムの働きを妨げる作用があるので、生理前は飲むのを控えると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>