血圧の測り方

高血圧と病院で診断されると、血圧計の購入を促されます。毎日計ることで、一日でいつ上がっていつ下がるのか、自分の血圧が安定しているかどうか、薬できちんと下げられているかなどわかるからです。血圧計は、5,000円前後で購入できます。上腕式を手首式の二通りありますが、より精密なものをとお考えなら、上腕式がおススメです。朝と晩測りますが、朝は、おきてから何も食べずにトイレにいって排尿してから測ります。夜は、就寝前がいいでしょう。

あまり動いた後にすぐ測ると正しい数値で測れないので、落ち着いてから、深呼吸を2,3回してから測るのがよいです。

また、病院では、血圧手帳と言って、朝晩の血圧が記録できるノートをもらえます。多くの形式では、朝と晩を二回ずつ書くのと、上の血圧を下の血圧、脈を記入する欄があります。そしてグラフにできる表に書きこめるようになっています。

グラフには、朝、晩2回ずつ測りますが、朝の平均、夜の平均を出したものをグラフに記入します。折れ線グラフになっていたら、平均値のところに点をつけます。毎日続けて記録していくことで、自分の血圧の状態がよくわかる様になります。毎日朝晩となると、忙しくてなかなか続けられないかもしれないので、その場合は、朝だけでも計るようにします。病院で測るよりも家庭で測る方が、リラックスしているので、血圧が5mmhgほど下がると言われています。

◎アミールで血圧を下げる
高血圧の予防には、まず自分の血圧を定期的に知っておくことが必要です。毎朝晩2回ずつ計って、その平均値を記録しておきます。朝は、おきてから排泄後、何も口にしていない状態でやることがより自分の明確な血圧を知ることができるそうです。家に血圧計があれば、いつでも測ることができますが、家庭用血圧計は、5,000円前後するので、決して安いものではありません。高血圧になっている人がいつでも血圧計が測れるように購入していることが多く、予防の為だけに購入する方は少ないでしょう。しかし、将来の健康のために、高血圧を予防したいと考えるなら、血圧計を購入すると良いと思います。

高血圧の予防をしても、自分がどれくらいの数値なのかしる機会がなかなかありません。健康的な方なら健康診断も、年に1度でしょうし、血圧計があれば、自分が一日のうちどの時間が高くて、低いのかも知ることができます。そして、高血圧になってからの生活習慣の改善は難しいものですが、高血圧予防の段階では、さほど難しいものではありません。毎日の食生活に、血圧を下げる働きがあるものを取り入れればいいのです。

カルピスから発売されている、「 アミールS 」は、乳酸菌のドリンクで、特定保健用食品でもあります。血圧が高めの方の血圧を正常値に下げて、安定させる働きがあります。砂糖ゼロ、脂肪分ゼロ、カロリーオフなので、誰でも続けやすい設計になっていますし、野菜ジュース味とカルピス味の2種類あるので、好みに合わせて選ぶことができ、続けやすい予防法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>