遺伝性の高血圧

hatoketu_s

私が高血圧に気づいたときは30歳のときです。下の子が幼稚園へ入園したのをきっかけに、パートへ働きにでて、その際に健康診断を受けたのがきっかけです。そのときは上が140、下が84だったのです。医師に「これまで高血圧といわれたことは? 」と聞かれましたが、全く見に覚えが無かったので、もう一度測りなおしました・・。が、やっぱりさっきと同じくらいで・・。とりあえずその日は血圧を下げる薬を処方してしばらく飲んでみることになりました。 それからというもの、ネットで高血圧を検索すると、放っておくと、重大な病気になりうることなどがわかって、自分の血圧を気にするようになりました。

血圧を測るには、血圧計の購入が必須です!薬局で上腕式の血圧計を購入し、毎日朝晩測ることにしました。 今まで、「 高血圧 」と聞くと年配のかたをイメージしていましたが、誰でもなるものなんだ!というのが身にしみてわかりました。しかし、いつから私は血圧が高かったのでしょうか。 血圧を最後に測ったといえば、下の子の出産のときぐらいです。それから3年はかっていなかったので、この間に血圧が上がったのでしょう。・・何故こんなにも気づかなかったのか・・?というのも、血圧が全くこれといった自覚症状が無かったのが一番の理由です。そして今まで健康体そのもので、病気したことが無かったということも変に自信があったんです。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>